夢を語る。笑顔と共に。夢と希望と未来を。Vol.3


1146663_731526436858964_2033025248_n

次なる志津川高校サッカー部一行は、大阪 玉川駅 宿泊先へ到着!

大都会 大阪キタで、広々と寝て頂ける大広間、のびのび入って頂ける展望浴場、美味しい食事を味わえる割烹料亭の味。

【ホテルニュー松ヶ枝】さんを、カールさんが、観光シーズンの中、奇跡的な予約をして頂き、荷物を置いた後、

玉川:【ホテル ニュー松ヶ枝】HP

いよいよ、土曜の大阪ミナミ 懇親会会場【中華料理 大成閣】さんへ、地下鉄で向かいました。

【中華料理 大成閣】様には、試合後、お腹をすかせた彼らに、思いっきり、お腹いっぱいになってもらえるように、

予算の厳しい中、かなりご無理をお願いしました。

大阪の皆さん!よかったら、ご利用してあげてください(笑)

心斎橋:中華料理【大成閣】HP

1420094_451738454932151_1809208564_n

懇親会では、本格中華料理を、「これっ。うんまっ。」とペロリ。

和やかな雰囲気の中、FC大阪さんとの交流試合を終え、会場にいた全員を前に、感想タイム。

*FC大阪様との対戦についての詳しい感想は、テスト明け!に頂くようになっています(楽)

そして、仮設住宅で暮らし、今なお街灯もなく、真っ暗な夜道を通学する彼らに、あえて、このテーマについて、一人一人語ってもらいました。

そのテーマは、叶えたい【夢】です。

今回、部員33人中、3人の方が、震災で親を亡くしました。

私のテーブルで一緒に食事した生徒さんは、仮設住宅に暮らしていなかったのですが、

2階建ての家の1階部分は、津波で流され、この2年8ヶ月で修繕し、2階部分だけで暮らしていると話してくれました。

また、大人たちは、今、多くの産業を失い、その中で懸命に働いています。

そんな彼らが、どんな環境であったとしても、【夢】を描き、叶えられると私は、思っています。

この仲間たちとなら、支え合い、励まし合い、その強さを、たくましさを活かし、現実に出来ると、

当NPO法人の環境教育として、このテーマ【夢】を選びました。

967578_452145491558114_1538779463_n

一人一人、想いの詰まった言葉に、一人一人が、耳を傾けました。

印象に残った【夢】を、いくつかご紹介します。

☆今日、FC大阪さんと対戦させてもらって、悔しい想いをしました。宮城に帰り、練習に活かし、サッカーに関係のある仕事に就きたいと思っています。

☆スポーツインストラクターになりたいです。

☆学校の先生になりたいと思っています。

☆今、夢はありません。大学に行って見つけたいと思います。

☆大学に行きたいです。

☆公務員になって、安定した収入をもらって、家族と幸せな暮らしをしたいです。

☆安定した仕事に就いて、親を楽にしてあげたいです。

☆人の役に立つ仕事をしたいです。

☆茂木先生:支援してもらったことを忘れずに、宮城の為に、役に立つ大人になって欲しいです。

広い世界を見渡すと、貧困に苦しむ子供たちもいて、夢すらも語れない環境もあります。

震災から2年8ヶ月経った今、未だ進まぬ復興ですが、被災者と言われ続ける環境も、彼らには、きっと、相応しくないでしょう。

彼らにとって、この【夢】を語る機会は、尊い機会であり、忘れないで欲しいと願っています。

Vol.4へ続く。

NPO法人復興Design Network
代表理事
三野朋美


カテゴリー: 志津川高校サッカー部支援 パーマリンク