もう少し明るい街になってほしい。Vol.8


1394838_451807524925244_731771336_n

大阪で暮らしていると、復興事業に関わる私ですら、東日本大震災の記憶が薄れてきます。

移動の途中、茂木先生と、こんなやり取りがありました。

「震災のことは、忘れないで欲しいですけど、忘れて欲しいとも思います。」

震災当時から、津波襲来時、人命救助をして下さったり、避難所となった志津川高校での運営をして下さった

茂木先生の言葉に、多くの想いが込められていました。

今回、NPO法人復興Design Networkは、土曜日の大阪ミナミで、彼らに、同じ日本の大阪の街を、

ありのまま、感じて頂くため、環境教育のひとつの場所として選びました。

何もない南三陸志津川に帰り、こんな感想を送ってくれました。

1394171_731525656859042_1221675481_n

1年生男子生徒さん
「大阪は宮城県と比べて、とても温かくて、こっちの練習はユニホームの下に、インナー等を着用しないで、まともに動けないくらいなのに、そちらでは、何も着なくても平気なくらいでした。大阪の人達は、とても気さくで大人数できた自分達にも、気さくに話しかけてくれたりしてくれました。本当に、大阪は良い所だと思いました。やっぱり、宮城に帰ってきたら寒かったです。」

1年生男子生徒さん
「大阪の昼はポカポカして、宮城とは全然違いました!!観光では、グリコの所や、ナイキショップ、ドンキホーテなど、大都会を大いに満喫できました!!本場のたこ焼きは、とてもアツアツで、たこが大きくとても美味しかったのが、印象的です!!」

1年生男子生徒さん
「大阪の人達は、みんなノリが良く手を振ると振り返してくれて、嬉しかったです。有名なグリコの看板の真下を船で通り、近くで見れたので、とても興奮しました。宮城とは違い、高いビルや建ものがあり、さすが大阪だなと思いました。」

1年生男子生徒さん
「大阪での観光は、短い間でしたが、名所を周ることができたので、とても楽しかったです。大阪、最高でした!」

1年生男子生徒さん
「大阪の町の人もとても優しく、おもしろく、あたたかかった。グリコも見れたし、船にも乗れたし、たこ焼きも食べれて、十分満喫できた。どの建物も大きくて迫力があった。宮城と違ってあたらしい世界が見れたと思う。」

1年生男子生徒さん
「宮城の人と比べるとみんな温かく迎えてくれて、ノリもやっぱり違うので、楽しかったです。本場のたこ焼きもおいしくて、もう一度食べたいです。街がすごく明るいので、イルミネーションとかすごくきれいでした。宮城も、もう少し明るい街になってほしいです。大阪のノリは本当に最高です。」

1454857_731525580192383_1283522092_n

1年生男子生徒さん
「大阪は宮城と比べてとても都会でした。けど、大阪の人達は、皆、優しかったし、ノリもよかったです。街全体が栄えているなと思いました。宮城も大阪のような街にしていけるように、何か活動できたらと思います。」

1年生男子生徒さん
「夜の大阪を観光をして、とても、人が多くて、びっくりしました。それも、みんな、やさしい人達ばかりでした。ぼくは、宮城に帰っても、大阪のことは、ぜったいに忘れません。」

2年生男子生徒さん
「大阪はとても楽しくて明るくて良い所でした。宮城の石巻も大阪みたいに、明るい街になってほしいと思いました。夜なのに、皆(人々)は、ワイワイ楽しそうにしていたのが、うらやましく感じました。早く元にはもどれないけど、新しい宮城になってほしいです。」

0

彼らには、少し眩しすぎる大阪だったと思います。

南三陸志津川高校に帰って、いつものグランドで練習をする生徒さん。

「夜なのに、皆(人々)は、ワイワイ楽しそうにしていたのが、うらやましく感じました。早く元にはもどれないけど、新しい宮城になってほしいです。」

「宮城も大阪のような街にしていけるように、何か活動できたらと思います。」

人の温かさを感じ、羨ましく思いながらも、故郷、南三陸志津川の復興を願い、意欲を見せる彼らを、これからも応援したいと思います。

そして、夜に灯りがあること、大切な人がいること、当たり前でない目の前のことに、

改めて、「ありがとう。」と感謝させられた、環境教育でした。

Vol.9へ続く

NPO法人復興Design Network
代表理事
三野朋美


カテゴリー: 志津川高校サッカー部支援 パーマリンク