力強く!彼らが感じてくれたこと。Vol.9


1420332_172228436317506_1769588040_n

今回、たった2日間の大阪で、どれだけのことが、彼らにできたのかは、わかりません。

今回、参加しての感想、南三陸志津川に帰り、楽しい日々から未だ進まぬ復興の中、

彼ら全員が、力強く歩もうとする感想をくれました。

1年生男子生徒さん
「今回、参加して、もっと、もっとサッカーが好きになりました。FC大阪の選手達みたく、サッカーがうまくなるよう、日々、練習をしていきたいと思います。FC大阪の選手達は、みんなフレンドリーに接してくれて、とても充実した遠征になりました。」

1年生男子生徒さん
「大阪に行って色々な事を体験して、すごくおもしろかった。大阪に行って、夢が一つできたのは、『自分が行ったことがない所に一つでも行く。』ということです。自分が知らないおもしろさを一つでも多く知っておきたいです。」

1年生男子生徒さん
「今回の大阪遠征は、サッカーもできたし、観光もできたし、なにしろとても楽しかったです。自分は将来の夢とかはまだ決まっていませんが、何かキッカケをつかめた気がします。」

992328_451805264925470_1453048885_n

1年生男子生徒さん
「自分の夢は保育士で、今回の復興支援プロジェクトに参加して、自分が保育士になり、宮城に少しでも貢献したいと、とても思いました。」

1年生男子生徒さん
「これからは、宮城の震災からの復興に少しでも協力できるよう、ボランティアなど、積極的に行っていきたいと思います。」

1年生男子生徒さん
「今回のプロジェクトはさまざまな人たちの支えがあってできたプロジェクトだったから、協力してくれた人たちに、とても感謝している。サッカーの事もいろいろ学べたが、このプロジェクトに参加してくれた人たちのあたたかさや、親切にしてくれたので、人としてのありかたなども学べた。将来は人の役に立てる人になりたいです。」

2年生男子生徒さん
「今回、参加してサッカーを初め、色々な経験をさせていただき、ありがとうございました。まだ、震災の傷は残っているので、その人たちをいやしていけるように自分も頑張りたいです。」

1年生男子生徒さん
「今回の大阪に行ってわかったことは、県外の人達が、これだけ自分達のことを心配してくれているんだということです。その思いやりや、優しさに、とても感動しました。自分は将来の夢は決まっていませんが、助けてくれた人達に恩返しできればと思います。」

2年生男子生徒さん
「今回参加してわかったことは、大阪人のやさしさです。参加できたのは、色んな人の支援があったから参加することができました。将来の夢は、まだありませんが、自分も将来、困っている人達がいたら、少しでも支援をして、日本全国の人たちと支えあって、生きていきたいなと思いました。」

1年生男子生徒さん
「今回、遠征に参加させていただいて、大阪の人達や、FC大阪の人達を交流し、たくさんの勇気をもらいました。たしかに、大阪や関東の方の人は、震災をのことを忘れかけているかもしれません。でも、こうやって、まだ、こうしてほしいと遠くから願って、少しでも元気をあげられればと思ってくださることは、本当に嬉しいです。これからも、大変なことはあると思います。しかし、応援してくださっている方と共にがんばっていきます。」

2年生男子生徒さん
「参加してみて、皆から力をもらいました。自分もサッカーの道で進みながら、自分の道も進みながら石巻の再会に『一本』でもいいので力になりたいと思いました。『チリも積もれば山となる』の意味みたいに少しずつ、少しずつ頑張りたいです♡自分の夢を現実にしていきたいです。」

多くの皆様に、ご支援、ご協力を頂き、ありがとうございます。

志津川高校サッカー部に、皆様の想いは届いたでしょうか?

感じるまま、素直に、感想を寄せてくれた彼らを、愛おしく想い、そして、感謝しています。

志津川高校サッカー部支援プロジェクト。最後のブログに続く

NPO法人復興Design Network
代表理事
三野朋美


カテゴリー: 志津川高校サッカー部支援 パーマリンク