最後に。笑顔と共に。夢と希望と未来を。Vol.10


1387869_451863454919651_220252063_n

一緒に超戦

彼らが贈ってくれた言葉です。

最後に、こんな感想も送ってくれました。

1年生男子生徒さん
「様々な人のおかげで大阪に行けたんだと思っています。本当にありがとうございました。カールさんと会い、僕はおネエに対する考え方が変わりました。」

1年生男子生徒さん
「みなさんの事をぜったいに忘れません。そして、カールさん。いいとも!がんばってください!!」

1年生男子生徒さん
「たくさんの人に、たくさん支えてもらい、お世話になり、笑わせてもらい、本当に元気になりました!この大阪遠征は特別な思い出になりました!!本当にありがとうございました。」

1年生男子生徒さん
「最初は、このプロジェクトの意味が少ししか理解できていなかったのですが、三野さん、三佐々川さん、カールさんの話しを聞くにつれ、自分達のことをどれだけ想ってくれているかがよくわかりました。このような機会をいただき、本当にありがとうございました。とてもいい経験になりました。」

2年生男子生徒さん
「今回、このような機会を作っていただき、ありがとうございました。自分もみなさんのような世の中に役に立てるように、頑張りたいと思います。ありがとうございました。」

2年生男子生徒さん
「自分たちは、今回、学んだことを忘れずに、頑張っていきます。」

1395395_731519760192965_1901696105_n

東日本大震災復興支援プロジェクト
【志津川高校サッカー部支援プロジェクト】

多くの皆様に、ご支援、ご協力を頂き、無事、笑顔と共に、終えることが出来ます。

今、このプロジェクトに派生し、彼らの笑顔を撮り続けてくれた

【日本写真映像専門学校】の皆さんのプロジェクトが稼働しています。

彼らを応援してくれた人の、また、新しい【夢】を応援しています。

今日、この日がくるまで、多くの試練や壁が、私たちを試しました。

しかし、いつも、乗り越える事が出来たのは、お一人お一人の温かさ、優しさ、励ましでした。

今回、私たちNPO法人復興Design Networkがやったことといえば、ほんのわずかな事だけでしかありません。

彼らにして下さったご支援、心を寄せて下さった思いやりがあって、このようなプロジェクトを行わせて頂け、

志津川高校サッカー部に、笑顔と共に、夢と希望と未来を、創ることが出来ました。

心より、御礼申し上げます。

と同時に、ご支援、ご声援を頂きながら、お一人お一人をご紹介出来ず、大変、失礼を申し上げております。

写真展など、皆様のご支援頂いた様子も、広く知って頂ける機会を創ろうと、現在、企画が進んでいます。

私たちの復興支援活動は、支援ではなく、新しい自立へと変わろうとしています。

日本復興には、まだまだ、多くの方の力が必要です。

これからも、お一人でも多くの方が、日本復興へ関心をお寄せ頂き、行動に変えて頂ければ、嬉しく思っています。

明日から、また、新しいプロジェクトへの超戦が始まります。

今後共、まだまだ小さな、NPO法人復興Design Networkを、皆様の手で、温かく、厳しく、お育て頂ければ、大変、嬉しく存じます。

皆様!本当に!本当に!ありがとうございました!!

NPO法人復興Design Network
代表理事 三野 朋美
理  事 三佐々川 豊
理  事 加藤 夢美

最後に、愛する我が理事たちへ。

1456955_451647294941267_1053375361_n

一緒に、やってくれて、ありがとう。

心から、感謝してます。

これからも、どうぞ、よろしくね。

三野朋美


カテゴリー: 志津川高校サッカー部支援 パーマリンク